専門看護師を目指せる道

もともとはあまりキャリア志向ではなくて平凡に働きたいと考えていた人も、看護師として現場に出て患者と接しているとより適切な医療を担えるようになりたいと願うようになる場合があります。特に癌などのように現代医療で問題になっている領域で働いていると、知識や経験を積むために専門看護師になりたいという夢を抱くのも珍しくはありません。

険しい道とわかっていても目標を叶えるのを目指そうと考えた際に、よく問題になるのは費用と休職期間の確保です。特に休職はなかなかとらせてくれない現場が多く、キャリアアップのためであってもその必要性が低い現場では長期間の休職が認めてもらいづらい状況があります。そのため、キャリアアップの支援を受けるために転職をするという決断をする場合もよくあります。専門看護師の需要が高い大病院に転職するのは狭き門であるものの、それを達成した上で支援を受けて大学院に通い、修士の学位を取得して目標を叶えることに成功した人もいます。

高度なスキルが必要とされる現場に戻れることからやりがいも大きく、こういった大きな目標を掲げて思い切ったキャリアアップをした人は仕事が充実するのです。転職と就学という二つのハードルを乗り越えると、たとえもともとはキャリア志向が強くなくても専門看護師としての資格を取得して活躍できる現場で働くことができます。現場に出てみてより活躍できるようになりたいと考えたら一度は考えてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です